為替相場への投資がFX。

投資には株式投資など色々ありますが、
如何にすれば利益を生み出せるかは自分次第です。

FXにはプロトレーダーが、
チャートの読み方とかを
教えてくれる教科書的なものはたくさんあります。

でもそのとおりにやると
旨く行くと言う確かなものはありません。

もしその方法でやって利益を上げられるのであれば、
誰でも勝てることになります。

株式投資とは違ってFXはゼロサムゲームですから、
誰かが勝てば誰かは負けて、
トータルの収支はプラスマイナスゼロなのです。

ですから究極のFXとは、
競合する多くのFXトレーダーよりは、
一歩先に出ないと勝利の女神は微笑んでくれないのです。

為替が上下することで利益に結びつくのがFXですが、
一歩先を読めないと成り立っていかないのです。

FXでは同一通貨で買いと売りのポジションを
同時に持つことができる両建てと呼ばれる手法があります。

相場急変時に値が思わぬ方向に向かってしまった時に
損失が両建てポジションの利益によって
相殺されるため有効な取引手法となりますが、

取引コストがかかってしまうため
トータルではマイナスとなってしまい
両建て前のポジション自体が意味の無いものになってしまいます。

また、両建ての利益が出ているほうを
利益確定注文したとしても
もう一方の取引で含み損が出ていますので、
含み損により一方の利益が消えてしまうということも考えられます。

両建てを利用するのは、
どの時が良いかというと
レートが元通りに戻ってくると
確信のある時だけにしておきましょう。

レートが元通りになるという確信があるのであれば、
両建てが成功することになります。

レートが元通りになる確信はなかなか持てないですので
FXでは両建てを多用することはやめておいた方が良いですね。

あらためてFXの魅力は何と言っても、
高いレバレッジを掛けて大きく利益をだせたときです。

でもFX初心者としては、
FXを高く設定して旨くいって
偶然良い結果がでて
大きく利益がでる場合があるにしても、

レバレッジは、1倍か2~3倍あたりから
スタートした方が良いと言われています。

その理由としては、初心者としてはそんなに
旨く利益が出せないからで、
勝つ可能性よりも負ける可能性の方が高いのです。

そしてFXには、ロスカットという負けたときに
預けた額以上には損金が発生しない仕組みがありますが、
高いレバレッジを設定するとすぐロスカットされてしまうことになります。

すこしずつ慣れていって、
利益を上手に出せるようになっていくのが、
FXを進めて行くには必要なのです。
改めて初心に帰って最近思ってしましました!

先週金曜日、つまり雇用統計のタイミングで
99.95円から98.65円、また月曜は98.96円スタート、

やはりこのまま緩やかな相場が続くのでしょうか?

レジスタンスラインは100.1x円あたり、
サポートは98.50円の付近、
今日で98.30くらいまでは下がると見ていますが、
なかなかトレードしずらい状況ですね。

ユーロ円は先週からドル売り、
また円買いはより活発になっていますが
今週は何故だか落ち着いてます。

自分の読み方と他のトレーダーの読み方随分違う、
なんとなく焦点が合っていないような感じで不安です。

システムトレードに移行しようかどうか、
ここで一発頼みの綱のミラートレーダー
1000通貨というのも出してみたいです。

バイナリーでも5時間粘る、
これはほとんど無いことですが、

エントリー後に値が下がるは下がるは、
いわゆるキャンセルに値しますが
損切りルールはうれしい限りです。

損切りしたらでも
上がっていったのは何故なのか、
あれで上がるとはやはり怖いです。

しかし逆に下がったままでも
いいわけなんですが、
やはりfxの応酬状態は怖いです。

バイナリーでも損切りだと断定して
トレードしていていいのかどうかも
気になります。

オージー円やユーロドルで繰り返し、
結果は11勝5敗ですから
かなり運がよかったです。
利益も取れました。

これからバイナリーを始める人は
fxトレードより先にやったほうが
いいかもしれません。

規制もあることだし、
本当にビギナーがうらやましい気がします。

近年FXと同様人気を集めている金融商品が、
「バイナリーオプション」と呼ばれる取引です。

バイナリーオプションは日本語では
「二択を選択する」といった意味があります。

バイナリーオプションはFX取引や株取引などと比べると、
非常に「単純」であることが一番の特徴です。

基本的には一定の期日までに、
指定したレートに「達成するかしないか」を予想します。

またとある日の相場が、
今よりも「上がるか、下がるか」を
予想することもあります。

いずれもプラスかマイナスかの2択であり、
単純にどちらかを予想して選ぶという
取引方法になります。

またデイトレードの一種でもあり、
その日の取引を次の日に持ち越すこともありません。

ではバイナリーオプションの利点となんでしょうか?

バイナリーオプションのメリットはさまざまありますが、
まず単純で分かりやすいという点が挙げられます。

特定の条件に達するか、
達しないかの2択からどちらかを予想するだけなので、
単純明快、複雑な取引は必要ありません。

次にデイトレードのような短期取引であることです。
基本的には決済は24時間以内で、
すぐに結果が分かります。

次に損失額が事前に分かっているため、
計画をたてやすいことです。

購入の段階で、
「もし負けたらどのくらいの損失が出るか」
「勝てたらどのくらいの利益が出るか」
が分かっているので、計算などがしやすいのです。

このような理由から株価が低迷していた時期などに、
株トレーダーからバイナリーオプションへと
大挙して移ってきた経緯がありますが、
その射幸性から最近では業者による自主規制が始まってきました。
嵌る人は嵌るんですよね!バイナリー!!
何事も程ほどが一番。。

バイナリーオプションの特徴とメリット
こちらで詳しくバイナリーに関してまとめられています。

先日、とうとう専業の個人トレーダーになってしまった、
と学生時代の友人から一報が入りました。

卒業後はIT系のメーカ企業に勤め、
その後フリーランスとしてシステム開発をしていたんですけど、
それがFXトレーダーに変身してしまうとは世の中広いものです。

何でも不況時にプロジェクトが閉塞してしまい、
その後長い間十分な給与を得られる案件が無かったそうです。

その間FXトレードでもしてみようか、
ということでスキャルピングをはじめ、
半年で資産が10倍になったそうです。

なんともうらやましい契機ですよね。

FXトレード専業にするとは思えないような人物の話、
今後の自分のトレード形態にもなんらかの影響が出そうですが、
プログラミングの勉強でも始めてみようかな!

為替レートが変動する原因には色々とあります。

国ごとの金利差によって為替が動くこともありますし、
経済指標の発表で国の状況がわかることで
為替レートが変動することもあります。

為替レートは、通貨同士で常に売買が行われているので、
その時々の為替の通貨の価値がレートとして表示されます。

重要人物の発言で為替レートが動くこともありますし、
国同士が戦争を起したりすることで為替レートが変動します。

為替の価値はその国の経済状況の強さや
安定感を表している数字といえます。

安定している国、経済状況が落ち着いている国
の通貨ほど買われやすくなります。

ただし、日本の場合は、
日本円の通貨価値が他の国と比べて低いですので、
円キャリートレードなるものが日々行われており、
日本の経済状況が良くなってくると
日本円は売られるという状況になります。

経済状況が良くても通貨が売られる
というのもおかしな現象かと思いますが、
これが日本円のおかれている状況です。

為替レートが変動する原因はさまざまですね。

FX的書籍としてはお勧めは?
と知人に伺いを立てたら、
とにかく書籍はたくさんありすぎて
選ぶのは難しいって、同感です。

最近は電子書籍ブームもあり、
この読み方で何かいいものはないか?
と考える方が多いようです。

またこのメデイアは安くあがりますからね、
ただスマートフォンレベルだと字が読みづらいそうです。
通信しているとバッテリーがごく細くなってしまったりしますし。

帰宅後1時間読めば充分!
と謳う人気の高そうなものをチョイスしてみましたけど、
アナリスト、FXストラテジストとしても
トップクラスの人気がある著者の入門書です。

誰もが気になる初心者的な悩みを解決してくれたり、
エントリータイミングや決済のタイミングなど、
基本ルールを作るための情報もばっちりです。

FXで取り引きを始める前に
練習をしたいと思った場合は
バーチャル取り引きがあります。

バーチャル取り引きとは仮想のお金を使用して
FX市場で仮想の取り引きをすることです。

実際のFX市場には参入できませんが、
実際のFX市場でのレートでの仮想取り引きができますので、
FXの練習には持ってこいです。

バーチャルなので実際にお金は使いません。
仮想のお金として500~1000万くらいが運用できます。

ただ実際に取り引きをしているわけではないので
FXでの一番の敵となる心理的な不安などは体験できません。

心理的な不安がない中でバーチャルで
取り引きをするということで実際のFXでの
取り引きの勉強にはなかなか結びつかないかもしれませんが、
仮想のお金を実際のお金と思い込むことで、経験を積んでいきましょう。

ゲーム感覚でのバーチャル取り引きとなりますが、
実際に運用している仮想のお金が増えると嬉しいものです。

バーチャル取り引きに慣れてきたら実際に
投資金額を用意してFXでの運用を始めましょう。

FXとは外国為替を取り引きすることになります。

ある国の通貨を売ってある国の通貨を買うということで
FXが成り立っていきます。

実際に自分の手元に通貨が届くわけではないですが、
電子上であったり紙面上であったり取り引きをして利益を得たり、
損失を被ったりすることがFXではあります。

現在ではFXを取り扱う業者も多くなっていますが、
1979年以前では外国為替取引は、
おおっぴらにできるようにはなっていませんでした。

まだ外国為替取引ができるようになってからは、
およそ30年ほどの年月しか経っていないという状況です。

ネット社会になってからというもののこのFXが人気を博している一つの
要因となっており、一般の人々でも簡単に取り引きができるようになっています。

FXでは24時間取り引きが可能となっており日々、
取り引きが行われることで通貨の値段が日々刻々と変動していきます。
また主のプレイヤーがトレーダーやヘッジファンド、
政府や銀行が通貨取り引きを行っています。

そんな中、今日本の個人投資家がこのFXのプレーヤーとして、
かなりのポジションを占めるようになってきました。
一時は日本の個人投資家の事をミセスワタナベなんて
外国の人が呼ぶほどの影響力があります。

なぜこれほどまでに日本人がFXに嵌るのか!
もともと日本人はギャンブルが好きですからね。
特に丁半ばくちが!

まさにFXがこれですから、
嵌るのがわかりますね。