FXでは同一通貨で買いと売りのポジションを
同時に持つことができる両建てと呼ばれる手法があります。

相場急変時に値が思わぬ方向に向かってしまった時に
損失が両建てポジションの利益によって
相殺されるため有効な取引手法となりますが、

取引コストがかかってしまうため
トータルではマイナスとなってしまい
両建て前のポジション自体が意味の無いものになってしまいます。

また、両建ての利益が出ているほうを
利益確定注文したとしても
もう一方の取引で含み損が出ていますので、
含み損により一方の利益が消えてしまうということも考えられます。

両建てを利用するのは、
どの時が良いかというと
レートが元通りに戻ってくると
確信のある時だけにしておきましょう。

レートが元通りになるという確信があるのであれば、
両建てが成功することになります。

レートが元通りになる確信はなかなか持てないですので
FXでは両建てを多用することはやめておいた方が良いですね。