為替レートが変動する原因

為替レートが変動する原因には色々とあります。

国ごとの金利差によって為替が動くこともありますし、
経済指標の発表で国の状況がわかることで
為替レートが変動することもあります。

為替レートは、通貨同士で常に売買が行われているので、
その時々の為替の通貨の価値がレートとして表示されます。

重要人物の発言で為替レートが動くこともありますし、
国同士が戦争を起したりすることで為替レートが変動します。

為替の価値はその国の経済状況の強さや
安定感を表している数字といえます。

安定している国、経済状況が落ち着いている国
の通貨ほど買われやすくなります。

ただし、日本の場合は、
日本円の通貨価値が他の国と比べて低いですので、
円キャリートレードなるものが日々行われており、
日本の経済状況が良くなってくると
日本円は売られるという状況になります。

経済状況が良くても通貨が売られる
というのもおかしな現象かと思いますが、
これが日本円のおかれている状況です。

為替レートが変動する原因はさまざまですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です