近年FXと同様人気を集めている金融商品が、
「バイナリーオプション」と呼ばれる取引です。

バイナリーオプションは日本語では
「二択を選択する」といった意味があります。

バイナリーオプションはFX取引や株取引などと比べると、
非常に「単純」であることが一番の特徴です。

基本的には一定の期日までに、
指定したレートに「達成するかしないか」を予想します。

またとある日の相場が、
今よりも「上がるか、下がるか」を
予想することもあります。

いずれもプラスかマイナスかの2択であり、
単純にどちらかを予想して選ぶという
取引方法になります。

またデイトレードの一種でもあり、
その日の取引を次の日に持ち越すこともありません。

ではバイナリーオプションの利点となんでしょうか?

バイナリーオプションのメリットはさまざまありますが、
まず単純で分かりやすいという点が挙げられます。

特定の条件に達するか、
達しないかの2択からどちらかを予想するだけなので、
単純明快、複雑な取引は必要ありません。

次にデイトレードのような短期取引であることです。
基本的には決済は24時間以内で、
すぐに結果が分かります。

次に損失額が事前に分かっているため、
計画をたてやすいことです。

購入の段階で、
「もし負けたらどのくらいの損失が出るか」
「勝てたらどのくらいの利益が出るか」
が分かっているので、計算などがしやすいのです。

このような理由から株価が低迷していた時期などに、
株トレーダーからバイナリーオプションへと
大挙して移ってきた経緯がありますが、
その射幸性から最近では業者による自主規制が始まってきました。
嵌る人は嵌るんですよね!バイナリー!!
何事も程ほどが一番。。

バイナリーオプションの特徴とメリット
こちらで詳しくバイナリーに関してまとめられています。

先日、とうとう専業の個人トレーダーになってしまった、
と学生時代の友人から一報が入りました。

卒業後はIT系のメーカ企業に勤め、
その後フリーランスとしてシステム開発をしていたんですけど、
それがFXトレーダーに変身してしまうとは世の中広いものです。

何でも不況時にプロジェクトが閉塞してしまい、
その後長い間十分な給与を得られる案件が無かったそうです。

その間FXトレードでもしてみようか、
ということでスキャルピングをはじめ、
半年で資産が10倍になったそうです。

なんともうらやましい契機ですよね。

FXトレード専業にするとは思えないような人物の話、
今後の自分のトレード形態にもなんらかの影響が出そうですが、
プログラミングの勉強でも始めてみようかな!

為替レートが変動する原因には色々とあります。

国ごとの金利差によって為替が動くこともありますし、
経済指標の発表で国の状況がわかることで
為替レートが変動することもあります。

為替レートは、通貨同士で常に売買が行われているので、
その時々の為替の通貨の価値がレートとして表示されます。

重要人物の発言で為替レートが動くこともありますし、
国同士が戦争を起したりすることで為替レートが変動します。

為替の価値はその国の経済状況の強さや
安定感を表している数字といえます。

安定している国、経済状況が落ち着いている国
の通貨ほど買われやすくなります。

ただし、日本の場合は、
日本円の通貨価値が他の国と比べて低いですので、
円キャリートレードなるものが日々行われており、
日本の経済状況が良くなってくると
日本円は売られるという状況になります。

経済状況が良くても通貨が売られる
というのもおかしな現象かと思いますが、
これが日本円のおかれている状況です。

為替レートが変動する原因はさまざまですね。