FXの世界

FXとは外国為替を取り引きすることになります。

ある国の通貨を売ってある国の通貨を買うということで
FXが成り立っていきます。

実際に自分の手元に通貨が届くわけではないですが、
電子上であったり紙面上であったり取り引きをして利益を得たり、
損失を被ったりすることがFXではあります。

現在ではFXを取り扱う業者も多くなっていますが、
1979年以前では外国為替取引は、
おおっぴらにできるようにはなっていませんでした。

まだ外国為替取引ができるようになってからは、
およそ30年ほどの年月しか経っていないという状況です。

ネット社会になってからというもののこのFXが人気を博している一つの
要因となっており、一般の人々でも簡単に取り引きができるようになっています。

FXでは24時間取り引きが可能となっており日々、
取り引きが行われることで通貨の値段が日々刻々と変動していきます。
また主のプレイヤーがトレーダーやヘッジファンド、
政府や銀行が通貨取り引きを行っています。

そんな中、今日本の個人投資家がこのFXのプレーヤーとして、
かなりのポジションを占めるようになってきました。
一時は日本の個人投資家の事をミセスワタナベなんて
外国の人が呼ぶほどの影響力があります。

なぜこれほどまでに日本人がFXに嵌るのか!
もともと日本人はギャンブルが好きですからね。
特に丁半ばくちが!

まさにFXがこれですから、
嵌るのがわかりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です